Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はとバス 観光 車両

観光の達人はとバスの車両に迫ります。
はとバスは、定期観光バスをはじめとして、国内の観光バスをリードする様々な特徴ある車両を、国産・輸入に関わらず導入してきました。

はとバス一般タイプ

国産の一般タイプは、いすゞ自動車製の大型スーパーハイデッカーが中心(東京いすゞ自動車が株主のため)で、9m車やスーパーハイデッカーの一部で僅かに日野自動車製を導入した程度で、他社のようなハイデッカー車は上高地方面用の一部車両にとどまっており、全体的にレベルが高いです。多くは補助席付き55人乗りタイプであるりますが、いすゞ・ガーラをベースとして、自社主催ツアー向けの「フォルテシモ」・「ピアニシモ」と称する、3列席を備える2タイプの高級観光バスや少人数向けに9mクラスの車両も投入されています。なお、ガーラ登場以前のいすゞ製大型車は富士重工業製の車体を中心に架装、スーパーハイデッカーは現行型のセレガ(貸切)/ガーラ(定期観光)導入前はフロントウィンドウにセンターピラーが入った上下2枚窓タイプを採用していました。

はとバス輸入車・2階建て車

ドイツ製のはとバス観光2階建てバス「ドレクメーラー・メテオールE440」が2世代にわたって導入され、定期観光のはとバス2階建て車使用コースの主力として活躍しています。一時期ベルギーの「バンホール・アストロメガTD824」が導入されたが2台にとどまり、2005年3月からハローキティバスとして活躍中。 最近は輸入観光2階建てはとバスは縮小し、三菱ふそう・エアロキングも導入されるようになりました。
はとバスの車両も奥が深いです。


スポンサーサイト

はとバス 日帰り 東京タワー

はとバス日帰りプランに一番出てくるのが東京タワー。はとバス日帰りツアーには定番中の定番でしょう。

東京タワーの色を聞かれると大体が”赤”と答える方が多いと思いますが、実は正式名は”インターナショナルオレンジ”だそうです。オレンジなんですね。私も初めて知りました。このタワーの正式名称は日本電波塔。
地上アナログ・デジタルテレビジョン放送(VHF・UHF)及びFM放送のアンテナとして放送電波を送出する他、東日本旅客鉄道(JR東日本)の防護無線用アンテナと東京都環境局の各種測定器を設置しているので、しっかりとした、電波を発している塔なんです。
一般的に東京のシンボル・観光名所として知られているだけではないいなですね。はとバスの日帰りプランに乗り込めばすぐ聞ける情報です。設計上は最上部で風速100m、下の部分で80mの風に耐えられ、関東大震災の2倍クラスの大規模地震が起きても大丈夫という事になっているが現在の強度は定かではないらしいのではとバスの日帰りプランで行かれた時はご注意を。(笑)
高さが332.6m[1]なのはフランス・パリのエッフェル塔の324mより8.6m高く、自立式鉄塔としては2007年現在も世界最高です。
はとバスの日帰りプランで、実際に見てください。


はとバス 日帰り コースいろいろ

はとバス日帰りコースにはいろいろあります。

豆の産直てんこ盛り!海鮮お土産と駿河湾ミニクルーズはとバス日帰りツアー
伊浜松町を8:30出発。まずはあの東名道浄蓮の滝散策。昼食は伊豆牛の入った旨いもの膳をご賞味ください。修善寺しいたけ狩り!(椎茸炭火焼の試食付)伊豆長岡みかん狩り!(初物みかん食べ放題です)そのあとお楽しみの、駿河湾クルーズ!(富士を望む爽快クルーズ最高です!!)東京駅(19:30着予定) といった、はとバス日帰り人気のコースです。

早咲きのシクラメンと秋の贈り物はとバス日帰りツアー
浜松町7:30発。池袋駅東口8:10発。小美玉市(250万本のコスモス畑)益子焼つかもと(昼食・ショッピング)外池酒造(地酒の試飲とショッピング)JAはがの(9月:梨狩り、10月:りんご狩り。取り置き食べ放題付)真岡市(早咲き3万本のシクラメン観賞)池袋駅(19:00着予定)東京駅(19:30着予定) 食べ放題、シクラメン鑑賞といった、女性におすすめはとバス日帰りツアーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。